サンタがおうちにやって来る!!

12月の2回目の集会をしたかったのですが、クリスマスと重なったので今回は集まってもらわずに指導者が各家庭を回ることにしました。

題して・・・

「サンタがおうちにやって来る!!」

事前に各保護者に準備して頂いた子供たちへのプレゼントを、サンタに扮した指導者が届けて回るという企画です。
当然、子供たちには「ボーイスカウトの企画」というのは内緒です。

希望者のみということで実行してみましたが、なかなかの反響でした。

写真を各家庭で撮って頂いたのですが、1軒分しか届いてません。
とりあえずはその様子をお知らせします。


夜、6:30 指導者が集合 (と言っても2人だけですが)

7:00頃より1軒目がスタートです。
サンタに扮した副長がインターホンを押して、家の中に上がり込んで行きます。
父親の笑い声からして、ウケはイイみたいです。

2軒目~4軒目とそんな調子でこなして行き、いよいよ最後のスカウトの家です。



a0068370_1523264.jpg


こんな調子でサンタを待っていたようです。

「早く来ないかな~」って感じでしょうか?


いよいよサンタの登場です。

インターホンの音を聞いて玄関に勢い良く飛び出して行ったようですが、サンタが立っているのを見てビックリしていたようです。
想像していたより大きくて、ビックリしたのと本物のサンタと思って感動していたみたいです。




早速プレゼントをもらって記念撮影。

a0068370_1563040.jpg



どうですか?
サンタらしく見えますか?

子供からすれば本物にしか見えなかったみたいです。
実際、目元しか本人を確定するヒントが無いですし。。。



a0068370_1584474.jpg


希望したプレゼントがもらえたようで、満面の笑みを浮かべています。



数分だけのサンタとの対面。
しっかりとお礼も言えていたようです。
「また会えるかな?」と言っていたようです。


きっと会えますよ。
良い子にしていれば必ず会えるはずです。





どこのご家庭も喜んで頂いたようでした。
また来年もやってみたいですね。


せっかく買った衣装を無駄にしないためにも・・・・ね。
[PR]

by k3_beaver | 2006-12-24 22:35 | 活動

サンタさんへの手紙

12月、1回目の集会は「サンタさんへの手紙を書こう」をテーマに行いました。

まず最初に体験入隊が終了し、正式に隊員になるために入隊式をしました。

a0068370_1334590.jpg


隊長を前にして「ビーバー隊のやくそく」を言ってもらい・・・


a0068370_0465460.jpg


母親からネッカチーフをつけてもらいます。

どことなく誇らしげですね。


a0068370_0485715.jpg


皆からの祝福をもらって、晴れて正隊員です。

これからの活躍を期待していますよ。



それでは早速・・・ゲームをしましょ。

まずは伝言ゲームです。
言葉を伝えるのはありきたりなので、面白い顔を1人づつに伝えていくようにしてみました。

a0068370_0531833.jpg



伝える人・伝えられる人だけが目隠しを外して伝言を伝えていきます。

最終的に皆で答え合わせをして、違う顔の人がバツゲームです。

さて結果は・・・

a0068370_0562819.jpg


皆同じ顔をしていました。

思ったより盛り上がります。


3回ほど続けてこのゲームをやった後は、お絵かきしりとりです。

皆の絵心がどれほどの物か試してみたかったもんですから。

私の絵心は・・・美術「2」とだけ記しておきましょう。。。


a0068370_111393.jpg


りんご ⇒ こねこ ⇒ こま ⇒ ・・・
と続いて書いている途中ですね。
かろうじてわかるかな? というレベルですね。

私も人のこと言えませんが ( ┰_┰)


それでは、そろそろサンタさんへの手紙を書きましょう!!

まずは皆にはがきを渡して思い思いにサンタさんへのお手紙を書いてもらいました。

もう欲しい物を書きまくっています。

a0068370_17275.jpg



一通り書いてもらったところで・・・

「その手紙を見て、サンタさんは皆にプレゼントくれるかな~?」
と投げかけてみます。

スカウト
「ぜっっったい くれる!」

それなら・・・
「今から隊長からのプレゼントをあげます」
「名前を呼ばれたら取りに来て下さい」

プレゼントをもらったスカウトは・・・








a0068370_1115556.jpg


みんなサンタさんに変身してもらいました。


そこでたたみ掛けるように、隊長からの問いかけです。

「みんなサンタさんになりましたね」
「今、皆が書いたお手紙を自分で見て考えて下さい」
「その手紙を見て、自分がサンタさんならプレゼントをあげようと思うかな?」

スカウト
「う~~~ん。。。あげないかも」

隊長
「そうだよね。きっとあげないと思います。」
「このお手紙を使ってサンタさんへのお願いをするんですよ」
「サンタさんの気持ちになって、サンタさんが嫌な思いをしないように・皆にプレゼントをあげたいな~と思うようなお手紙を書いて下さい」


a0068370_1181987.jpg



a0068370_1305357.jpg


みんな何かに気付いたようです。

2回目に書いた手紙の最後には
「サンタさん、お願いします」
という言葉が書かれていました。

皆で話し合いながら、決めた言葉のようでした。
ちょっと嬉しかったです。
しっかりと自分達で気付いて、お願いするための言葉使いが出来ています。

隊長が伝えたかったのはこの気持ちです。
人の気持ちを考えてもらいたかったのです。
厳しい内容かな? とも思ったのですが、このサンタさんがキッカケで何かを掴んでもらえればと思ったものですから。

言葉使いが悪いのは、「人の気持ち」を考えていないのが1つの原因とも思っています。
自分がその立場になったときに気付くものです。
早いうちに人の気持ちを感じて、実行できる・行動できる人になってもらいたいと思います。


サンタの衣装、みんな似合ってましたよ。
喜んでもらえて嬉しいです。



今日の1番はこのスカウト!!







a0068370_1292220.jpg


紅一点のさくらちゃん。
よく似合ってましたよ!!
[PR]

by k3_beaver | 2006-12-16 23:46 | 活動