シャボン玉乗った!

5月27日 天候 曇時々雨。。。

今日は芋の苗を植える予定だったんです。
だけど前日からの降雨により畑はベチャベチャの状態らしい。

当日も小雨が・・・。
:::( -.-)T ::: 雨だょ。

BS隊の隊長とも相談し、芋の苗の植え付けは断念することにしました。
風邪をひかせる事は避けたかったので。

芋はあきらめても、「シャボン玉」はどうしてもやりたかったので急遽、近隣の市民センターに電話。

( ・□・) ]~~~~[ (・o・ ) 「モシモシ・部屋空いてますか?」
と問い合わせたところ、幸い大き目の会議室が空いていたので予約を取り、集合場所を変更。

時間通りに皆到着し、プログラムを開始。


隊長「今からシャボン玉を手のひらに乗せてみせましょう」
と微妙な手品師みたいな感じで子供達を導入。

早速、シャボン玉のデモンストレーションです。

グリセリン・水・食器用洗剤を 3:1:1 の割合で配合。
子供達からは
「いいにぉい~」  クンクン( ̄●● ̄;)
との感想。
食器用洗剤の香りですな。

これに加えて! ガムシロップを少量投入!
シャボン玉の皮膜が厚くなり、格段に割れにくい物ができます。

軍手をはめて いざっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



1発で乗ったではありませんか!
子供達にいいところを見せられました。

スカウト「隊長、すごーい!!」

隊長「みんな、乗せてみたい?」

スカウト「する~!」

早速、紙コップとストローを配って 材料を分けてマゼマゼします。
この時点で泡が出ないようにゆっくり混ぜます。

隊長「準備できた?」

スカウト「できた~!」

子供達は待ちきれない様子なので、軍手をはめさせてシャボン玉を膨らまさせます。

思った以上に上手に膨らませています。
最初は小さい物でしたが、慣れてくると徐々に大きな物を作れるようになっています。

手のひらにも乗せて楽しんでいます。


これで終わりではありません。

手のひらサイズまで大きくできることが判りましたから、次は顔より大きなシャボン玉を作ってみました。

50センチ四方のプラスチックの蓋を用意していたので、その中に皆が作ったシャボン液を入れさせます。

電線で蓋の枠内に入るサイズのワッカを作り、シャボン液に浸します。
膜が出来たら引き上げて、振ると・・・とっても大きなシャボン玉が出来ました。

スカウト「オレも オレもっ!」

と群がってきます。


皆、楽しそうです。

「ほら、見て~」と四方八方から声がします。

でも楽しい時間はあっという間です。

もう、お片付けの時間。



今回は子供達に「なぜなんだろう?」と「考える」力を付けさせたいと思いました。

「身近にある物でなぜこんなものができるんだろう」
「なぜシャボン玉は丸いのだろう」
「なんでシャボン玉が手のひらに乗ったのだろう」

とスカウトに投げかけて、今日の集会は終わりました。
答えは教えていません。

少しでも自分で不思議に思って、調べてほしいと思ったからです。



でも今日は男の子も女の子も関係なく楽しんでいました。

お母さん方にもビックリして頂けたようです。
いっぱい写真も撮っていましたし。(笑)

今度はボーイ・カブ隊にもさせてみようかな。
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-27 23:58 | 活動

実験!!

仕事帰りに薬局へお買い物。

お目当てはシャボン玉の材料。


薬局にの中で買う予定の物を探している最中に・・・



何を買うのかが分からなくなってしまいました。
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!



あちこちに電話をして、ようやく材料の確認が取れました。

そそくさとお買い物を終了。

帰宅して
飯を食って
一息ついて

やってみよ~!

ってな具合で、水と洗剤とグリセリンをマゼマゼ。


ストローに混ぜた液体を付けて、フーっとしてみる。


シャボン玉が出来た!

ちょっと浮かれ気味。。


うぉ! でかいのが出来た!

落ち着きがなくなってきます。


では!!!
本来の目的である、手のひらに乗せる実験を開始。
軍手をはめて、いざ本番!

1回目・・・失敗
2回目・・・失敗
・・・・・・・・失敗



うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお?!

a0068370_2271523.jpg


できた~!

しかも、手のひらで跳ねる!

自分でびっくりです。



結構大きなシャボン玉です。

これ以上に大きな物も作れます。

だけど手に乗せるのが難しい。

乗った! と思ったらすぐに割れちゃいます。

ちょっと難しいけれど、ビーバーの皆にチャレンジしてもらおうと思います。


手のひらに乗せることが出来れば、大喜び間違いなしです。

大の大人がこんなに興奮してるんですからね?!
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-25 22:12 | プログラム事前準備

出どころ

私がプログラムを行っている際の「ネタ」についてなんですが。。。

最初は何となく、思い付きからスタートしています。


その後・・・

プログラムの詳細を作るのです。

ですが、やっぱり限界があります。

大人も子供も一緒に遊びたいのでネタ探しに必死です。


そこで、色々と探して回る中でも頻繁に閲覧しているサイトがあります。

せっかくなので、このブログを通じて一部紹介できればと思い

「隊長のネタ帳」

という専用枠を右側に作りました。


ボーイスカウト関係者だけでなく、一般の方も子供と遊ぶ際の参考になるかと思います。

現在は「リンクフリー」のサイトを2件ほど掲載しています。


また良いサイトが見つかったら追加していきますね。
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-24 00:29 | 隊長の独り言

次の集会はね~

ボーイ・カブ隊と合同で畑に色んな苗(?)を植える予定です。

ビーバーは芋の苗を植える予定です。
秋になれば立派な芋が取れるかな?

まだ植えてもないのに楽しみです。


プログラムがこれだけじゃ寂しいので・・・

シャボン玉で遊びたいな~と思います。
今時代、こんな遊びもしなくなったと感じます。

私が子供の頃は自分でシャボン玉の原液とかも作ったりしてたんですがね。


でも普通のシャボン玉だと物足りなく感じません?
もしかしたら私だけかもしれませんが。。。
(・_・;

「割れにくい」 シャボン玉って興味ありません?
以前、TVとかでも見た気がするんです。

そこで!!
次回の集会でやってみたいと思います。

「手のひらに乗せれるシャボン玉」


作り方はまだ調べている最中です。
ぜひスカウトと原液を作って遊びたいと思っています。



企画倒れの可能性もありますね~。
試作してみないと・・・。
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-22 23:35 | プログラム事前準備

浦島太郎からの手紙 (第3話)

昼食も食べ終わって、落ち着いたところで「イルカのショー」が始まる時間。
みんな揃ってプールに移動。

イルカとアシカのすばらしい芸を見せて頂きました。
ここでしか見れない
「イルカの背面ジャンプ」
はお見事でした。
スカウトも親も 「おぉ~」っな感じでした。

[イルカもクジラも人間の仲間] ということが勉強できたところで、後半戦開始です。

時間はたっぷりあるので、問題を解きながら
「ペンギン」や「スナメリ」などのショーを見てきました。

ペンギンは人気もあったようで、気付いたらスカウトが皆集まってきてました。
その中でも異彩を放っていたのが体験入隊の「ふみや君」です。

a0068370_23362817.jpg


なぜかペンギンを手なずけて、遊んでいました。
その頃他のスカウトはというと・・・


a0068370_2339403.jpg


こんな感じで走り回ったり。。。


a0068370_23403372.jpg


その走り回ってる様子をみていたり。。。
と何かにつけては、動き回っておりました。

ペンギンの食事の様子を見終わったら館内に戻って、探検の続き。

予定時間の通りに全てのスカウトが出口に集合。
全ての問題が終わって、答えを見せてもらう。
全て書き込んでいないスカウトもいましたが、言われたことに対して一生懸命頑張った姿勢に対して褒めてあげました。

帰る前に少し自由時間をあげて、みんなで遊んで帰ることに。

船の待ち時間に海を見てみるとクラゲが泳いでいます。
おもむろにスカウトに質問をしてみました。

隊長 「あのクラゲの名前は?」

ビーバー 「アカクラゲ~!」

おぉ! すごい!! 覚えてる!

隊長 「んじゃ、アカクラゲのもう一つの名前は?」

ビーバー 「ハクションクラゲ~!」

うぉ! びっくりです。
しっかり勉強してくれています。
感激ですね。

そうこうしているうちに船の出港時間。
最初と同じように窓に張り付いて楽しむ。
船から下りて 「うぅ~酔った~」

しかたないので、港で少し休憩。
機転を利かせた副長から・・・

副長 「あめ食べる~?」
とスカウトに聞く。

ビーバー 「食べるっ!!」

当然のように群がります。
ビーバーと言うより、[アリ] みたい。
復活した頃を見計らって、JR門司港駅に移動。

JRの車内でもまだ元気のようです。
終始話し込んでいました。


枝光駅に到着し、隊長からのお話。

隊長 「今日は皆の竜宮城に行けましたか?」

ビーバー 「は~い」

隊長 
「今日は浦島太郎さんのおかげで、海のいろんな生き物の事が勉強できたと思います」
「そしてどの魚も生きている事が分かった思います」
「大きくても・小さくても みんな頑張って生きています」
「これから先、皆が大きくなる間にたくさんの生物と会うことでしょう」
「これから会うお友達やビーバーの仲間 ・ 皆が好きな虫も同じです」
「生きていること・命の大切さを少しでも感じてほしいと思います」

ビーバー 「はいっ!」

気合の入った返事が返ってきました。
少しでも何かがスカウトに伝わってくれればいいです。
私はスカウトの最後の返事を信じています。



少し肌寒い中での活動となりましたが、とても楽しく・有意義な活動が出来ました。
今回、スカウトと一緒に参加して頂いた保護者の皆さんに感謝致します。
そして下見でのBS隊 隊長の応援と・・・ありがとうございました。

まだこれからも楽しい活動をしていきますので、よろしくお願い致します。







6月は皆でザリガニ釣りに行きたいな~。
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-19 00:12 | 活動

浦島太郎からの手紙 (第2話)

「大きな亀」 下関[海響館]に到着です。

隊長より「探検ノート」をもらい、館内での注意事項の説明。

a0068370_013089.jpg


どうしたことか? じっと聞いてくれています。

隊長 「今から亀の中に入って、トンネルを抜けたら 海の中に到着です。 探検ノートに書いてあることを調べて、浦島太郎が見てきた世界を調べて来てください」

ビーバー 「は~い!」

ここからは お父さん・お母さん達の出番です。
館内には漢字が多く使われていて、スカウトは読むことが出来ません。
保護者の方に手伝ってもらいながら、問題を解いてもらいます。

各家庭ごとに分かれて出発!!

a0068370_094535.jpg


問題を見ながら、魚をじっくりと探しているようです。


a0068370_013632.jpg


子供と同じ気持ち・感覚で魚を見て頂いているようです。


a0068370_015089.jpg


子供同士で話し合っているようです。 親は・・・天井を泳ぐ魚に夢中。。。


問題を数問終わったところで合流。
海の生物に直接触れる「タッチプール」に到着です。

ここで生物に触れて「命」を感じてもらいます。

a0068370_0225931.jpg



ヒトデを手にとって大騒ぎ!

a0068370_0323581.jpg


他にヤドカリや小さな魚もいて、上手く捕まえるスカウト・怖がって後ずさりするスカウト等、なかなか見られない光景ばかりでした。

事あるごとに「た~いちょ~う!」と呼ばれますが、スカウトの楽しそうな顔を見ると
「やって 良かった」
と思いました。

この後は昼食。
皆で揃って「いっただっきま~す!」

a0068370_0383298.jpg


お腹が空いてたようです。
もしゃもしゃと食べます。

食べたと思ったら・・・
スカウトはタッチプールへ逆戻り。

その間に私は保護者の方に、午後のタイムスケジュールの説明。
子供と一緒に問題を解いてみた感想などを聞いてみました。

いつもなら素通りする水槽も、問題を解きながらだとじっくり見れて、新しい発見もあったようです。


私も下見にきて「びっくり」した事がありました。

「マンボウ」は何の魚の仲間なのか?


答えは「フグ」


これにびっくりです。
正直、全く知りませんでした。

皆さん知ってました??


つづく
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-17 00:48 | 活動

浦島太郎からの手紙 (第1話)

朝9:30 JR枝光駅前集合。
今日集まったスカウトは体験入隊者を含めて7名。
天気も良いし、楽しい活動が出来ればと願いながら・・・。

隊長「皆、浦島太郎って知ってる?」

ビーバー「知ってる~!」

隊長「BS隊 隊長の○マスターが今日の明け方、ビーバーさん達に渡してほしいと、浦島太郎から手紙を預かってきたそうです」

ビーバー「おぉ~!?」

隊長「それでは早速、手紙を読みます」

******************************************

私の名前は浦島太郎。
君達が生まれる ずっと昔
私は 助けた亀に連れられて 「竜宮城」に行った。
そこは今まで 見たこともない世界だった。

今日は私が「竜宮城」で見た 海の生きものについて 皆に知ってもらおうと 思っている。

今から君達には 下関にある 「大きな亀」の形をした 建物を目指して 来てほしい。

まず最初に たくさんの人が乗れる 蛇の中に入って 「門司港」という名前の場所に行くこと。
その後は 海の上を走る 魚の中に入って来れば 「大きな亀」の近くまで 来る事ができるだろう。

「大きな亀」の中には たくさんの海の生き物が 君達が来るのを待っている。
到着したら 隊長から 探検ノートをもらい 海の生き物について 調べてほしい

下に書いてある 3つの約束を守れば 君達にとっての 「竜宮城」に辿り着くことが出来るだろう。
1. けんかをしないこと
2. めいわくをかけないこと
3. きまりをまもること

では 皆の探検した 結果を 待っておるぞ !

********************************************

ビーバー「その手紙本物??」

隊長「ほら 見てごらん。 ちゃんと書いてるだろ?」
(この質問は出ると思っていたので、それっぽい書体を選んで、パソコンで印刷してスカウトに見せてもOKの状態にしておきました)

ビーバー「うぉ~ すげ~。 習字みたいな字で書いてる!!」


そんなこんなで、手紙の[蛇]と[魚]そして[大きな亀]が何を指しているのかを解読して出発!

鉄で出来た「蛇」に乗るため切符を買って乗り込みます。
もうこの時点でスカウトの中では[電車]ではなく[蛇]になってます。

門司港に到着後、唐戸港に移動するための[魚]と化した[船]に乗りました。
もう窓にカブリツキです。

a0068370_2311021.jpg


窓から[大きな亀]が見えるのですが・・・何故かスカウトは反対側の窓に集中。。。
ここではまた微妙な盛り上がりがありました。

1人のスカウトだけが亀が見える窓にいました。
そのスカウトが 「あっ 見えた!!」 と言うと・・・
当然のように他のスカウトは・・・「なに~っ!!」と発する。

キョロ<( ̄(エ) ̄;))((; ̄(エ) ̄)ゞキョロ

揺れる船の中で立たせることは出来ないので、

隊長 「あっちに見えるからね。 立ったらダメだからね」  とクギを刺しておく。

スカウトからは 「ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!」

と出ましたが、怪我をされるとたまりませんしね。


ここで異変が!

船の中ではあんなに元気だったのに、降りたとたん
「うぅ~ 酔った~」というスカウトがちらほら。

a0068370_2321254.jpg


港で少し休憩を入れると、すぐに臨戦態勢に戻ってしまいました。

ん? 芝居ですか??

まぁいいや 元気になったんなら。

んじゃ[大きな亀] 下関水族館「海響館」に行きましょう!!


つづく
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-14 23:21 | 活動

水族館

久々に事前準備の状態をUPします。

今回はタイトルに書いてある水族館に5月14日に行く予定です。
本日は事前の下見に行って来ました。

移動手段・時間の確認、並びに水族館で行うウォークラリーのネタ探しです。

プログラムの軸となる話は
「浦島太郎」です。

浦島太郎が現代に残した手紙からプログラムが始まります。
親子で楽しめるプログラムにしたいですね。

ネタはそこそこ仕入れましたので、あとは上手くストーリー仕立てにするだけです。
妄想が膨らむばかりです。

a0068370_18113064.jpg

[PR]

by k3_beaver | 2006-05-09 18:11 | プログラム事前準備