出でよ! 神龍(シェンロン)!

今年度、ビーバー隊最後の集会となりました。
ビーバー隊を修了するスカウトにとって、思い出に残るような集会を実施したいと思います。

スカウト5名 けいすけ君が欠席。
体験入隊2名 予備軍2名の9名で今日の集会がスタートです。

場所はいとうづの森。
時間は18:30 夜の動物園見学です。
集会のタイトルは「出でよ! 神龍(シェンロン)!」
なんとなく察しがつきますでしょうか?

************************************************

隊長はマンガが大好きです。
この前、ドラゴンボールのビデオを見ていると、神様が話しかけてきました。

************************************************
いとうづの森にドラゴンボールを落としてしまった。
このままでは大変なことになる。
今、ナメック星人が神様の代わりにドラゴンボールを探している。
ビーバースカウトの君たちは、いとうづの森の中にいるナメック星人を探し出し、
ドラゴンボールを集めてほしい。
だが、そう簡単に渡すわけにはいかぬ。
君たちがドラゴンボールを持つに相応しいか試させてもらう。
ナメック星人を見つけたら「ボールを下さい」と言ってみよ。
君たちを試すための試練を出されるはずだ。
見事、クリアすればボールを授けてもらえるであろう。
ドラゴンボールの数は7個
全て集まれば火花と化した神龍が天に昇る。
君たちの頑張りに期待している。
************************************************


まずはボールを入れる袋に隊長が神様から
預かったボールを1個づつ入れています。
「神様からの試練を受ける人だけ持っていきます」と
声をかけ、好きな袋を取って・・・いざ! いとうづの森へ!









早速、首から緑に光る輪を着けているナメック星人を発見!
みんな揃って「ボールく~ださい!」
a0068370_0174743.jpg


++++++++++++++++++
よく来たな
ボールが欲しければ、この試練をクリアしなさい
「ここにいるヤギの角に触り、これからの旅の無事を祈りなさい」
触ることができれば、このボールを授けよう。
++++++++++++++++++

ナメック星人役には保護者とビーバースカウトのお兄ちゃん(カブ隊)にお願いしました。
保護者の迫真?の演技にスカウトは大騒ぎです。
「ヤギ~っ!!!」と騒ぎながら触りに行きます。
a0068370_0182178.jpg

「つの カチカチ!」
といいながら、何度も触ります。

これを見たナメック星人は
「みんなよく頑張った。ドラゴンボールをあげよう」
1人1個づつ貰って、次のポイントに移動します。

移動中は夜行性の動物を見ながらウロウロします。
陸ガメの餌やりタイムに遭遇。
フェンスの扉が開いて、飼育員さんが
「カメさんに触っていいよ~」
と声を掛けてくれました。
スカウトは流れるようにカメの檻の中へ。
a0068370_0185727.jpg

a0068370_0191636.jpg

甲羅を撫でながらも興奮気味です。
自分より大きな動物ってなかなか見れないし、触れないから無理もないですよね。


その後、大きな鳥かごを見つけて中に入っていくとナメック星人を発見!

++++++++++++++++++++
ここでは水に浮かぶ鳥を見つけて種類を答えよ。
ヒントはすぐそこにある。
++++++++++++++++++++

辺りはもう薄暗くなって来ています。
懐中電灯を使って水鳥と見つけて、名前を探しています。

みんな探して、正解して、無事にドラゴンボールを1個づつゲットです。
a0068370_020565.jpg


調子に乗ってきたスカウト達は
「次のナメック星人を探しに行くぞ!」
と一体感が生まれてきました。

大きな鳥かごを脱出し、次へ移動です。
分かれ道に差し掛かり、「こっちに行こう!」と指示を出すスカウトがいます。
「坂道を登ったらナメック星人がいるかもしれん」
といって皆を引っ張って行きます。
良い傾向が出てきてるな~と感じつつ、私はクスクスと笑ってました。


坂道を登りきった時には辺りは真っ暗。
通路を照らす薄明かりのみです。
その時、ナメック星人の緑の首輪がボヤ~っと浮かび上がります。
「見つけた~!!」
の言葉を合図に駆け寄ります。

****************************
ここにはムササビに変身したカリン様がいるはずだ。
皆で協力して、カリン様を探し出して欲しい。
****************************

ここにはムササビが飛べるように広く・高い檻があります。
ムササビは夜行性。
運が良ければムササビの滑空が見れるはずなんですが・・・

懐中電灯をあちこちに照らして探します。
a0068370_0204958.jpg

ガサガサと木に登っていく音の方にはムササビ。

そのまま少し見ていると「飛んだ!」の声が。
スカウト全員が見つけて、飛んでいる様子まで見れました。
「すげー、羽がある・・・」
羽じゃないんですけどね。
何にせよ、飛んでいる瞬間を生で見れることなんてないです。
貴重な体験が出来ました。

ボールを貰って、次に行きます。

探している姿をみていると、たくましくなってきてるなと感じます。
観察する力も十分です。

屋外のステージを見つけて、
「ここにナメック星人が隠れているかもしれん!」
「下まで降りてみよう!」
と自分達で決めて進んでいきます。

なんだか私がビックリすることばかりです。
でも理想的な感じもします。
子供達が自分で決めて、私達(指導者・保護者)がサポートする。
ビーバー年代では自分で出来る事に限りがありますが、
決める・実行するということが、どんな形でも現れれば良いと思いますし、
私自身もこんな形を望んでいたのかもしれない・・・と感じました。


ここから管理棟へ移動します。
カブトムシ・クワガタムシの展示がされています。
滅多に見れない海外の虫たちばかりです。
a0068370_0214535.jpg

ちょっと
a0068370_022843.jpg

ここで
a0068370_022266.jpg

小休止です。
a0068370_0223914.jpg



落ち着いたところで、管理棟の2階に上がってみるとナメック星人出現!
****************************
闇夜に鳴く鳥の名前を調べろ!
2羽の白い鳥の名前を私たちに教えてくれ!
****************************
近くのかごの中にいる白い鳥の名前を調べにダッシュ!
a0068370_0231282.jpg

皆が各々調べてきた名前を、一斉にナメック星人に伝えます。

「よくぞ調べた。このボールを持って行け!」

ゴールは目前!
サルの檻の前を通って、次のボールを探しに行きます。

象のコーナーに、ナメック星人を発見!
a0068370_024399.jpg

****************************
象の鼻と口を観察し、鼻の役目を教えろ!
****************************
目の前に迫る象に呼びかけます。
「こっち向いて~!」
a0068370_0242236.jpg

スカウトの気持ちが通じたのでしょうか?
象がスカウトの方を向き、鼻を高く上げ・口をあけています。
「うわ~! でけ~!」
いやいや・・・感想ではなく、鼻の役目を・・・。

興奮冷めやらぬ中、どうにかこうにか課題をクリアしました。
以前ビーバー隊に所属していたお姉ちゃんからボールをもらってご機嫌です。

ウロウロしているライオンを見て、
トラの姿を懐中電灯で探し、
綺麗にライトアップされている通路を通っていくと、
ナメック星人が勢ぞろいです。
****************************
この檻にいる「ワオキツネザル」の
数を数えろ!
****************************
いよいよ最後のボールを手に入れるとき。
数えている最中にサルが移動・・・。
ヤキモキしながら、全員が正解!

よくがんばりました。君たちに最後のボールを与えよう!

スカウトは7つ揃って大喜びですが、何故かここで雨が降り出しました。

神龍が現れる前は雨が降るのか?と思いつつ、とりあえずは雨宿りです。

10分~15分した頃、あれだけ降っていた雨が止みました。
ふと周りの照明が消え、音楽が流れ出します。
パーンという巨大な音と共に火柱のような花火が!
a0068370_0251891.jpg


神龍登場の時間です。
目の前で爆音と共に花火が上がっていきます。

幻想的な様子をじっと見つめるスカウト達。
a0068370_026039.jpg

何を思っていたのでしょうか?

私は花火とスカウト達の顔を交互に見ながら、
この1年間、今のスカウト達と
遊んだことを思い出していました。
これで修了するスカウト達と初めての集会や、
スカウトが私にまだ慣れていなかった時の事。
どうすれば子供たちから「隊長」と心から呼んでもらえて、
信頼してもらえるかを自問自答していた時の事。
みんなが楽しんでくれるプログラムに頭を何度となく悩ませた事。
今回のこのプログラムが無事に終わった事によって、
嬉しさだけが込み上げて来た瞬間でした。
「ビーバー隊の隊長をやってて良かった」と・・・。



神龍の姿は消え、辺りには煙が立ち込める中で
今日の集会は終了です。


*隊長の言葉*

神龍が願いを叶えるとドラゴンボールはどうなるか知ってますか?
石になって世界中のどこかに散らばってしまうよね。
君たちが持っているドラゴンボールの色は変わってますか?
「変わってな~い」
変わってなければまだ君たちの願いは叶えられてないようですね。
さっき出てきた神龍は他の誰かが呼び出したものでしょう。
ドラゴンボールは願いを叶えるためにあるんだよね。
君たちが大きくなった時、今持っているドラゴンボールが願いを叶えてくれるかも知れません。
努力して、頑張った事が神様に認められたとき
皆の願いがかなう時が来るでしょう。
その時が来るまで、しっかりと勉強して
お父さんやお母さんの話もしっかりと聞いて
これからも皆と力を合わせて頑張っていきましょう!!


この1年間一緒に遊んでくれたスカウトとサポートして下さった保護者の方々に感謝します。
みんな、いい笑顔です。
a0068370_0281815.jpg



大きくなっても、また隊長と遊ぼうね~!!。
[PR]

by k3_beaver | 2008-08-30 23:55 | 活動