凧を作ろう!

2007年、1回目の集会は今月中旬に行われる凧揚げ大会に参加するための凧作りです。

昨年も同じように凧を作ったのですが、風が強すぎて壊れる凧が続出。。。

今回はそれを踏まえて、形は同様でサイズの変更・補強をした改良型にしました。


まぁとにかくスカウトが悪戦苦闘しながら凧を制作している風景をご覧下さい。



今回もビニールを使用した凧にします。
使用するのはビニールに竹ひごとセロハンテープ。
後はタコ糸ですね。
これだけで良く飛ぶ凧ができます。

まずはビニールに絵を描きます。
凧の形をビニールに書いておき、その範囲の中に描いてもらいます。

スカウトの好きなキャラクターは事前に調査していたので、パソコンでプリントアウトしたものを準備します。
(A4サイズでOKでした)

プリントした用紙を机に貼って、その上にビニールをかぶせて絵を描きます。
描くと言っても、なぞると言う方が正しいでしょうね。


a0068370_2241166.jpg


保育園年長のかいと君も頑張っています。
この年齢でもキャラクターによっては無理なく描けるようです。


a0068370_2261121.jpg


カブトムシなどの昆虫なら簡単ですね。


a0068370_227556.jpg


ドラゴンボールのキャラクターを描いています。
線が細いし、人物は難しいようです。
少し描いては 「あぁ~、疲れた」 と言ってました。
最後まであきらめずに描くんだよ~!



ビニールにある程度の絵を描いたら絵に色を付けていきます。

a0068370_22111244.jpg


上手く塗らないと、向こうが透けちゃうよ~。


a0068370_22123191.jpg


目玉に色が入ってないよ!
しっかり見て描いてね。


a0068370_2215553.jpg


みんな書き上げてきたみたいです。
友達の物が気になってソワソワしてきてますね。
早く描かないと終れないよ~。


a0068370_22172297.jpg


ここまでくれば、ほぼ完成です。
上手に書いています。
「ヘラクレスカブトムシ」 だと解りますね。



次はビニールをカットして、竹ヒゴをセロハンテープで付けます。

a0068370_22193732.jpg


写真でお分かり頂けますでしょうか?

こんな感じにしてしまえば最後はタコ糸を付ければ完成です。


今日の集会ではタコ糸の取り付けまでは行かなかったので、宿題としました。
次回の凧揚げ大会までには必ず付けておいてと約束をして解散しました。

この凧は100%に近い位の確立で飛んでくれます。
後は当日の天候と風の具合に左右されます。


後は祈るばかりなり~。
⊂((〃'人'〃))⊃
[PR]

by k3_beaver | 2007-01-06 21:52 | 活動