ザリガニ釣り

今日の天気は晴。

ビーバーの屋外での集会は雨続きだったので非常に嬉しいです。

今日はタイトル通りのザリガニ釣り。
戸畑の夜宮公園で行いました。

集合場所から移動して、ザリガニ釣りの説明。

a0068370_23185214.jpg


隊長からの話をしっかり聞いて、竿とエサをもらって釣りを開始。

今にも池に飛び込みそうな勢いで走っていきます。


ハシルナト イッタ ハズナノニ。


なんとなく釣れるポイントが分かるのでしょうか?
いい位置に吸い寄せられるように向かっていき、糸を垂らします。

a0068370_23205669.jpg


スカウト「釣れ~んっ!」 と憤慨。

隊長「のんびり、やらないとアメンボも来ないよ」

と言い聞かせます。


ふと気付くと・・・

a0068370_23241168.jpg


a0068370_23245962.jpg


親も参戦しているみたいです。

童心に返るんでしょう。

私もザリガニ釣りは楽しいですし。


なかなか釣れない中で、「釣れた~!」の第一声。

a0068370_23274493.jpg


さすがです。
このスカウトは一味違う実力を持っているようです。

「絶対 釣るっ!」 と気合が空回りしているスカウトもちらほら。
網を片手に、闘志むき出しです。

a0068370_2337883.jpg




体験入隊のスカウトも一生懸命です。

a0068370_23383851.jpg




みんなが釣れて、お昼が近づいてきたので、終わりの時間になりました。
自分で釣ったザリガニを持って帰るべく、カゴに数匹入れてご満悦の表情ばかり。

ここで大切な事をスカウトにお話します。

隊長 「今日釣ったザリガニはどうするの?」

スカウト 「もって帰る~」

隊長 「自分でお世話できるかな?」

スカウト 「うんっ!」


隊長 「持って帰るザリガニは必ず自分でお世話してください」
    「どんなに小さくても大切な命です」
    「ご飯を食べたり、おしっこもします。皆と同じように生きています。」
    「もし、君達がご飯を貰えなかったらどうだろう?」

スカウト 「お腹がすいて 死んじゃうかも」

隊長 「そうだよね。だから毎日、お母さんがご飯を作ってくれたり、お掃除をしてくれるよね」
    「今日からは君達がザリガニのお母さんになって下さい」
    「お母さんになって、毎日のご飯・カゴのお掃除をしっかりやって大切に育てて下さい」
    「できるかな?」

スカウト 「はいっ!」



命の大切さを知って欲しい、生き物のお世話の大変さ、生き物の特性(今回はザリガニ)について勉強してもらいたいと思います。



来月の集会にでも・・・ザリガニはどうなったのか、聞いてみたいと思います。

しっかりお世話をしてくれている事を願って・・・。
[PR]

by k3_beaver | 2006-06-11 22:52 | 活動