浦島太郎からの手紙 (第2話)

「大きな亀」 下関[海響館]に到着です。

隊長より「探検ノート」をもらい、館内での注意事項の説明。

a0068370_013089.jpg


どうしたことか? じっと聞いてくれています。

隊長 「今から亀の中に入って、トンネルを抜けたら 海の中に到着です。 探検ノートに書いてあることを調べて、浦島太郎が見てきた世界を調べて来てください」

ビーバー 「は~い!」

ここからは お父さん・お母さん達の出番です。
館内には漢字が多く使われていて、スカウトは読むことが出来ません。
保護者の方に手伝ってもらいながら、問題を解いてもらいます。

各家庭ごとに分かれて出発!!

a0068370_094535.jpg


問題を見ながら、魚をじっくりと探しているようです。


a0068370_013632.jpg


子供と同じ気持ち・感覚で魚を見て頂いているようです。


a0068370_015089.jpg


子供同士で話し合っているようです。 親は・・・天井を泳ぐ魚に夢中。。。


問題を数問終わったところで合流。
海の生物に直接触れる「タッチプール」に到着です。

ここで生物に触れて「命」を感じてもらいます。

a0068370_0225931.jpg



ヒトデを手にとって大騒ぎ!

a0068370_0323581.jpg


他にヤドカリや小さな魚もいて、上手く捕まえるスカウト・怖がって後ずさりするスカウト等、なかなか見られない光景ばかりでした。

事あるごとに「た~いちょ~う!」と呼ばれますが、スカウトの楽しそうな顔を見ると
「やって 良かった」
と思いました。

この後は昼食。
皆で揃って「いっただっきま~す!」

a0068370_0383298.jpg


お腹が空いてたようです。
もしゃもしゃと食べます。

食べたと思ったら・・・
スカウトはタッチプールへ逆戻り。

その間に私は保護者の方に、午後のタイムスケジュールの説明。
子供と一緒に問題を解いてみた感想などを聞いてみました。

いつもなら素通りする水槽も、問題を解きながらだとじっくり見れて、新しい発見もあったようです。


私も下見にきて「びっくり」した事がありました。

「マンボウ」は何の魚の仲間なのか?


答えは「フグ」


これにびっくりです。
正直、全く知りませんでした。

皆さん知ってました??


つづく
[PR]

by k3_beaver | 2006-05-17 00:48 | 活動